解約まとめBLOG

サブスク/WEBサービス/クレカなど定額サービス等の解約方法をシンプルにわかりやすく解説するブログです。

【WEBサービス】Amazon prime会員の解約方法

 

みなさん、こんにちは。

今回は「Amazon prime会員」の解約方法を解説していきます。

 

①ヘルプからキャンセル方法のページへ

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201910380

 

f:id:wonderwall1228:20200912081539p:plain

こんなページを表示させます。

 

 

②「Amazon プライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける」をクリック

クリックするとこんなページが登場。

f:id:wonderwall1228:20200912081803p:plain

 

③その中のこちら「重要」と書いてある箇所の「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をクリックします。

f:id:wonderwall1228:20200912081923p:plain

 

④会員登録キャンセル阻止のページが出てきますが、かまわず無視していきましょう。

f:id:wonderwall1228:20200912082052p:plain

※ギリギリまで会員のメリットを受けたい方は一番左の

 「更新前にお知らせを受け取る」をクリックして、忘れないように再度解約の手続きを行いましょう。

 

⑤それでも解約をする方は真ん中の「得点と会員資格を終了」をクリックします。

すると、再度「年間じゃなくて、月額なら安いですよ」といったページとなります。

心が固まっている方は、再度「会員資格を終了する」を押して会員登録のキャンセル完了となります。

f:id:wonderwall1228:20200912082441p:plain

 

いかがだったでしょうか?

お役に立った方はぜひ、シェアの方よろしくお願いします!

人生の転機を振り返る

 

このブログをはじめた理由は、色んな人のブログを見ていて感化されたから始めた。

日々、社会に出て働く中で自分の気持ちを言語化した経験が少なく、

「なんか分からないけどモヤモヤする」

「なんか分からないけど最近面白くない」

といった何も解決しない気持ちになることもあったので自分の気持ちの書き溜めとしても投稿をしたい。

 

私は25歳まで実家を跳ねれたことがなく、地元で生まれ地元で育ち、地元の高校、地元の大学に進学し、地元の企業に就職した。

転機が訪れたのは、間違いなく25歳の秋。

当時4年半付き合っていた彼女との別れだ。

 

自分は地元の中小企業、彼女は日本では業界のNo1の企業の地域一般職。

地域一般職といっても1年目の夏からボーナスが50万円、冬は100万円はもらえるという超がつく優良企業。同僚や先輩は有名大学出身者が多く、総合職ともなれば30歳で年収1000万プレイヤーになるという。

 

当時付き合っていた彼女から突然言われた言葉。

「好きな人が出来た」

その時「ああ付き合った期間で自分は何かしてあげられただろうか、自分が成長してお互いに尊敬し合い、二人で成長するような関係になれていただろうか」と自分を嫌った。

思えば普段の生活でさえ、代わり映えのしない平日と彼女との連絡のやりとり。

休日はお昼前から合流して、ランチをして、夜ご飯は一人暮らしをしていた彼女の家でご飯を一緒に作って。

彼女は社会人として資格の勉強や仕事にも打ち込んでいた。

1年早く社会に出ていた自分を支えてくれていた彼女は社会にでてより魅力的な人々と出会い、過ごし、影響を受け、新しい世界を知っていった。

 

 

当時私は好きな人が出来てしまった以上、自分には今何もできない。

彼女はどちらとの人生を選ぶのか?信じて答えを待つしかない。

「これだけ長く付き合ってきたんだから大丈夫だろう」

こんな気持ちを持っていた自分を嫌いたい。

怠慢とは悪。

 

結局彼女とは別れて、知り合って1ヶ月にもみたない人の元へと行ってしまった。

知り合い伝いには、結婚をして元気な子どもを出産しているらしい。

彼女が幸せならそれでいい。

これは紛れもない気持ちだが、自分ができなかったことを悔やみ、当時の気持ちのまま昔の彼女を思い出す男は多いんじゃないか。

 

 

背景が長くなってしまったが、今は私も結婚をして幸せに暮らしている。

実は彼女と別れてからは連絡を一切せず、ジムにいったり読書をしたり自分磨きをしていた。

別れた理由を自分なりに考え、どうしたらもっと魅力的な人になれるだろう?と考え抜き、

「自分を厳しい環境に置いて成長しよう」と思い転職活動をした。

幸い人事としての経験があったため、大手の求人広告会社に就職することができた。

 

 

人生を変えたいなら以下の3つを変えなさいとは良く言ったものだ。

・付き合う人を変える

・仕事を変える

・住む場所を変える

付き合う人を変えると自然と考え方も変わるだろうし、

仕事を変えれば収入や生活リズムも変わる、

住む場所を変えればこれも生活リズムや時には人生観が変わるかもしれない。

 

 

思い切った私は全てをかえて人生を挑戦モードに切り替えた。

今日は人生を変えて4年目。

今思えば最良の選択だったように思う。

人生の選択を迫られた時に、正解を選ぶのは難しいけど、不正解さえ選ばなければ

自分の努力、気持ちの持ちようでいくらでも正解にできる。

 

明日からは仕事初め

9連休の終わりを妻とお気に入りのワインを飲みながら過ごすため筆を置く。